電卓アプリの作成をしてみる3

今日は電卓の構成から画面に必要な部品の大枠を配置してみることにしました。とりあえず以下の画像のようになりました。

電卓アプリの作成をしてみる2で電卓画面のファイル構成を紹介しました。その内容をCalculatorViewフォルダに格納して、最終的にはContentVIewに出力するようにまとめてみました。結構スッキリして気持ちがいいです。ただ今の状態は単純に文字と背景を並べているだけなので次はボタンの配置とデザインの修正に移ります。

余談

AppStoreにアプリケーションの申請を一度もしたことないのですが、どうしたらいいんですかね、、とりあえずアプリケーションを作りつつ調べていこうと思います。ただ、申請に関する記事調べたとしても、おそらくその調査内容はブログには書かずに参考サイトを掲載するくらいになると思います。結構複雑なのは知っているので混乱を招かないようにするためです、、、

あと、最近手をつけていないFlutterのアプリケーションの作成もそろそろしていこうと思います。結構頑張って作っていたのですが、デザインパターンの壁にぶち当たりノックアウトしてしまいました。。ただ、もっと楽に作成する方法を調べていたら発見したので、少しずつやっていきたいなと思います。なので、Flutterの記事もこれから増えていくはずです。